うりちゃんの日記

それぞれの「好き」を大事にするための雑記です。文章を書くことが好きで続けています。

デカフェハーブティー「bed time bliss」(Lipton)を買ってみた感想

こんにちは、うりうちゃんです。

 

先日Amazonのお正月セールでお安くなっていたので、以前から気になっていたハーブティーを買ってみました。

 

f:id:teaholic-fluteuk:20210113004857j:image

 

 

今回はその感想を記録したいと思います。

 

 

 

 

商品概要:Lipton BED TIME BLISS(オーガニックハーブティー

 

f:id:teaholic-fluteuk:20210113004652j:image

f:id:teaholic-fluteuk:20210113004656j:image

 

 

イギリス発の庶民派紅茶ブランド、Lipton(リプトン)から発売されたハーブティーです。

 

安かったのと味が嫌いでないことがわかっていたため、30袋入となかなか大容量ですが買ってしまいました。

お値段は記事執筆時は¥1,620です。

 

 

 

 

淹れてみた感じ

 

ティーバッグはピラミッドバッグと呼ばれる、

正四面体のような形状になっています。

 

f:id:teaholic-fluteuk:20210113004713j:image

 

この形はバッグの中で茶葉がよく踊るので、

香りや味がしっかい出るのが特徴です。

(その分少しお値段が張る印象ですが……)

 

 

f:id:teaholic-fluteuk:20210113004713j:image

f:id:teaholic-fluteuk:20210113004717j:image

 

熱湯で3分ほどおくと、ベースになっているデカフェ紅茶の色がはっきり出ます。

 

香りはラベンダーが特に強く、飲んだ瞬間の仄かな甘みにカモミールが感じられます。

リンデンは初めて飲みましたが、ラベンダーがそこまで味の強くないハーブであることもあり、

上品で穏やかな香りに優しい味の飲みやすいお茶だと感じました。

 

 

 

それと気になるのが容量です。

 

これの他に7個入りのものもありましたが、

値下がりしていたのでこちらにしました。

 

やはり30個も入っていて、少し多いかな、と思いましたが

 

f:id:teaholic-fluteuk:20210113004850j:image

 

袋の開け口がジップになっているので保存もしやすくて便利です。

 

気になる人は1週間分ぐらいに分けて、キャニスターに入れても良いかもしれません。

 

 

 

 

Lipton ボタニックティー とは?

 

今回買った商品はLiptonのオーガニックハーブティーのラインナップ、

「ボタニックティー」の一つです。

 

リプトン ボタニックティー | 紅茶の専門家リプトン(Lipton)

(公式HP)

 

 

f:id:teaholic-fluteuk:20210113002040p:image

 

 

 

今まで紅茶を中心に展開してきたリプトンですが、

近年の健康ブームの影響もあるのか

 

カフェインレスやハーブ系のラインナップも充実している印象です。

 

(以前こちらのデカフェが美味しいという記事も書いたので、

お時間がある方は読んでみてくださると嬉しいです……!)

 

uriryannnonikki.hatenablog.com

 

 

 

今回買ってみた「BED TIME BLISS」はデカフェの紅茶にラベンダー、カモミールなど、

その芳香が有名なハーブをブレンドし、

その名前の通り寝る前のリラックスタイムをイメージして作られています。

 

f:id:teaholic-fluteuk:20210113002822p:image

 

その他にも

ルイボスティーにハイビスカスなどを加えた、フローラルで華やかな味わいの「BEAUTY」、

f:id:teaholic-fluteuk:20210113002758p:image

 

 

緑茶をベースにペパーミントやレモングラスでさっぱりした味わいの「PURE CLEANSE」があります。

f:id:teaholic-fluteuk:20210113002817p:image

 

 

BED TIME BLISSにはデカフェとはいえ紅茶が入っているので厳密な「ハーブティー」かどうかは疑問ですが、

カフェインが気になる生理前や妊娠中にも飲みやすいのは嬉しいですね。

 

 

 

 

 

 

最後に:安さと美味しさのバランスを追求するリプトン

 

他にも日本に上陸しているイギリス系の紅茶のブランドはありますが、

 

やはり安さと手軽さで考えるとリプトンとトワイニングの二大企業が有名です。

 

 

その中でもやはりリプトンが手軽に毎日飲む紅茶をイメージしていることは読み取れ、

毎日飲むためのコストパフォーマンスと洗練されたデザイン、

安定した美味しさが強みです。

 

なんとなく日常に彩りを加えたい時、

少し紅茶にこだわってみたいけどメーカーも種類も多すぎてよくわからない時はリプトンがおすすめです。

 

 

それでは皆様ごきげんよう〜〜👋