うりちゃんの日記

パンセクのひきこもり・うりうの日記です。ジェンダーのお話と学生生活のお話が中心です

いやまじで生理しんどい__生理休暇と自分にはどうしようもない体調の話

生理まじでしんどいんだ

 

生理で朦朧とする意識の中書いた下書きをもとに、比較的理性的な状態で清書して皆様に生理のしんどさをお届けする回です。

 

 

【目次】

 

 

 

 

 

うりうちゃんの生理概要

 

うりうちゃんは生理がめちゃくちゃ重くて友達もそれを知っているので、

迂闊に話題に出せない感じがしています。

具体的には↓

 

  • 高校生の時に生理痛で死んだ方がマシだってなる
  • 検査したけど特に病気もない
  • ひどすぎてピル飲み始めた
  • 血の量は減ったし確かに痛い日は短くなったけど
  • 生理はなんだかんだ毎月くるし、
  • 最近は薬飲んでも痛い

 

地獄かて

 

病院も薬もやってこれだ

 

 

死ぬ

 

生理休暇について

生理休暇とは権利である

でもお給料減らされるかもしれないのである

 

これが「生理休暇」システムの導入が進まない原因だと思うのですが、

 

今の日本では出産や育児で職場を離脱することの多い女性にとって

生理でもなんでも一回お休みして削られる分の給料が生活に大きく影響するのです。

 

いくら休んでもいいって言われたところで、それでお給料が削られるならあまり休みたくないのです。

そらそうだ。

 

 

 

 

 

 

うりうちゃんは生理休暇に関しては

 

  • 自分に選択の余地なく来るんだから給料くれ
  • でも確かに生理のせいで生産性は落ちてる

 

 という気持ちです。

 

そもそも具合が悪い時は休める世の中になればいいのに(いち病弱の考えです)

 

 

 

 

 

 

生理以外に理不尽な体調不良ってないんか?

 

調べたら男性も骨盤周期なるものでしんどいことがあるらしいです。

イライラしたり倦怠感があったり、そりゃあ人間なのでそんな日もありますが、

体質やホルモンの関係によっては我々が思っているよりしっかり原因があるのかも知れません。

 

(かと言ってなんとなくイライラして人に八つ当たりするのは男女ともに良くないと思います。だから余計に後で気にしちゃうんですけれどね)

 

しかしこれを何人が自覚しているのでしょうか?

生理と同じく自覚したところで生産性が上がるわけでもないし、

面倒な相手のやっかみ封じぐらいにしか使え無さそうなのが勿体無いですね

 

ていうか生理もそれも個人差が激しすぎて「熱が39°以上」みたいなやつができず、

自分の尺度でしか測りようがないのでとっても厄介です。

 

他にも先日のブログ(こちらです↓)で軽く触れた「過敏性腸症候群」など恐らく現代日本人は膨大な種類の体調不良と戦っているわけです。

 

uriryannnonikki.hatenablog.com

 

 

しかも「ストレス」なんてふんわりしたものの影響をめちゃくちゃ受けて

良くも悪くもなるので、休みづらい職場や嫌な同僚がいる職場ほど生理休暇が必要な事態になるのです。

 

なんてこったいほんとに

 

 

自分で治す過敏性腸症候群の本 (TJMOOK)

自分で治す過敏性腸症候群の本 (TJMOOK)

  • 発売日: 2019/09/27
  • メディア: Kindle
 

 

 

とりあえずできることは

もしも周りの人がガチトーンで具合悪いとかなんとか言っていたら「すぐさま茶化す」のだけはやめよう

お願いなのでやめてください。

 

やめてみませんか

 

仲良しの関係性などにもよりますが、その一言で休みたいのに休めない世の中がずっと続いていくのが私はどうしても悲しくて嫌なのです。

 

とか言ってやめるような人はそもそもこのブログに辿り着かないしそれを心底楽しいと思ってるんだから最悪なのだ

 うりうちゃん個人とは一生相容れない気すらして悲しくなってきます。

 

そういう空気かな、と思って茶化してる人は本当にやめてください

1回聞いてから最後に暗くなりすぎないように笑わせるのと、相手の苦しみをはなからバカにして聞かないのはされた側の気持ちが全く違うのです。

職場ならまだしも家族や兄弟、交際あいてなどどこに人知れず傷ついている人がいるかわかりません。

 

 

uriryannnonikki.hatenablog.com

 

あとできそうならカフェイン入り飲料(紅茶、コーヒーなど)をこういうの↑に変えるだけでもちょっとは楽になると思います。

香りが苦手な人はお白湯を飲むのもいいかも知れません。

 

でもこういうのに対して思うことがないわけじゃないのよ

こういうの↓

  1. 長年痛いっていう割に病院には行ってない
  2. 生理痛の緩和について自分で調べもしてない
  3. 生理休暇でパンケーキ食いに行きたいとか言う

 

自分が病院に行って何年もかかりつけの先生に診てもらって「とりあえずお手上げ」なので、

余計に何もせず 生理つら〜〜い笑 みたいなテンションの人を見るとァア……ア……となります

 

確かに笑ってる時の方が気持ち楽かも知れませんが、そればっかりだとこっちがどんなにしんどい時はしんどいのだ!という話をしても伝わらない土壌ができてしまうのです。

 

 

1は周囲の目線もあるから「病院怖くないよ」って1回言うしかない

うりうちゃんが学生の頃はまだ「産婦人科は適当なセックスをしまくって妊娠した人が行くところ」みたいなイメージが横行していて、

その世代位の人にとって産婦人科というのはめちゃくちゃハードルが高い場所だったりするのでしょう。

でも適切な処置を受けてどうにかなるなら快適だし、どうにもならないなら仲間になりましょう……だし

とりあえず産婦人科は耳鼻科と同じくらいカジュアルに行っていいんじゃん!?とアピールしておきます。

 

2は……

その手元のスマホで一回ぐらいググってみておくれ…… 

 

 

 

3は今すぐ口を慎め

これは先日「生理休暇」がTwitterでトレンド入りした時に実際に見たツイートで、今はツイ消しされとるけども即座にやめなさいのリプライがたくさんついていました。

こういう勘違いのおかげで生理休暇が本当に欲しい人への風当たりが強くなる

今すぐ口を慎んでくれ

 

 

 

 

最後に:生理休暇は男女差別なのか?

これは個人的には違うと思います。

生理休暇とは人類の約半分にある「生理」と言う無差別攻撃を補填するものなので。

 

ただ同時に体調が悪くて苦しい男性が休めないのは良くないと思います。

それはそちらも休みやすくするべきものであって、それを理由に生理休暇を非難するのはナンセンスだし論点を逸らしているに過ぎません

 

みんな我慢しろで通用する世の中だとも思えませんし、みんな自分の体調と自分にできることを把握した方が良いのではないか

と思うのでした。

 

それでは皆様 ごきげんよう〜〜👋